ここで負けると後のないナゲッツ

第3戦はクアドラプルオーバータイムまでもつれるという歴史的な試合に。当然両チームの消耗は凄まじく、そんな状況で中一日で行われた第4戦を解説していく。

ナゲッツの継続的なリラード封じ

リラードとマッカラムを警戒し続けるナゲッツ。リラードがボールを持つとスリーは打たせず、離させることを徹底していく。リラードにはクレイグを当て、マッカラムにはハリスがディナイしてボールを持たせない。

バックコートコンビが機能できないブレイザーズはアミヌやハークレスにボールが集まっていく。しかし彼らはドライブから点を取るようなタイプの選手ではないので当然攻め切れない場面が多い。アミヌはドライブを懸命に仕掛けるがミルサップとのマッチアップに手を焼く。

マレーがサーカスショットを決め始まったナゲッツオフェンス。クレイグのオープンスリーも決まる。順調に点を取れるナゲッツ。徐々に点差がつき始める。

ここで少しギアを上げたリラード。ヨキッチのハンドオフをスティールし追い上げる。スティールされた場面以外でもヨキッチのパスの精度が落ちてきている印象。このタフな試合をここまでやっているから当たり前かもしれない。

リラードは絡みつくディフェンスを振り切りながらドライブ。それにアミヌが合わせるなど徐々にアジャストしていくブレイザーズオフェンス。アミヌも徐々に当たり、リバウンドもからの点も奪い結局1Qだけで10得点。ヨキッチからのターンオーバーを点に変え我慢したブレイザーズが1Qをリードして終わる。

セス

いつものように2Qはセカンドユニットで始めるブレイザーズ。今日はディフェンスが良いセカンドユニット。ターナーはミルサップを何度も抑え、コリンズのリム周りのディフェンスも素晴らしい。

しかしオフェンスは攻めあぐねる。ターンオーバーを連発しナゲッツに流れが傾く。ナゲッツは地味なオフェンスリバウンドでつなぐ。

しかしナゲッツのオフェンスは単調な攻めが目立ち始め、単発なシュートが多くなる。

離されたブレイザーズはタイムアウト。そこから流れがブレイザーズに。マッカラムが欲しいところで決め、セスのスリーも冴えわたる。リラード・マッカラムが警戒される中でセスのスリーが良い起爆剤に。チームとしてもセスに打たせる形を作り、彼はこの2Qだけで14得点。流れが行きかう前半であった。

笛に泣く

スタート同士の3Q。スイッチしてきたヨキッチに対してスピードでドライブを仕掛け続けるリラード。しかしなかなか効率の上がってこないリラード。OKCとのシリーズの反動かこのシリーズは期待以上の働きはできていない印象。この3Q放った3は一つも入っていない。

エースが苦しむブレイザーズとは対照的にヨキッチを起点に効率の高いシュートを放っていくナゲッツ。

ブレイザーズは笛に泣かされる。ハークレスが4つ目を取られると、カンターも続けて4つ目。ディフェンスのかなめも失い、シュートを決めきれないブレイザーズ。このQは10点の差が。

フリースロー

セカンドユニットで始めリラードを休ませるブレイザーズ。マッカラムの連続スリーにオフェンスファールも奪い流れを引き寄せる。ザックのディフェンスも良い。

だがオフェンスはマッカラムの1on1ぐらいしか攻めどこがなく、セスもドリブルをつきすぎる。さらにカンター、ハークレスの不在が響きリバウンドが取れない。

ファールドローを狙い続け追いつく糸口をつかみたいリラード。しかしフリースローを落としてしまう。このプレイオフ彼のフリースローは調子が悪い。

アミヌのプットバックやフッドのコーナースリーで縮めるが3Qのリードを保ち続けるナゲッツ。バートンの3が入る。

ファールゲームを仕掛けるブレイザーズ。しかしマレーはまったくフリースローを落とさない。もらったフリースロー7本ををすべて沈める。それに対し3点ビハインドの場面でフリースローを落としてしまうリラード。どうしたんだ。

マッカラムもクラッチタイムで良く決めるが、惜しくも3点じゃなく2点。タイムアウトを使いながら必死に追い立てたがマレーのフリースローが落ちずゲームセット。

ここまでくると戦術的なやりあいは減り、体力精神的な戦いになってくる。ナゲッツのホームに戻る次戦。7戦までもつれ込みそうなシリーズになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です